催眠大暴露の携帯版はこちら

催眠大暴露

〜催眠療法の裏話を大暴露〜

催眠メニュー
催眠療法 大暴露
 トップ
 催眠とは
 ショー催眠
 催眠は無理?
 催眠療法
⇒ タイプ
 意識
 改善
 前世療法
 一般的な催眠

*別ページで新規解説を始めました
自己催眠
トランス
暗示
カウンセリング
ルーム選び
無料電話相談
癒しの方法
催眠療法を習う



では、
 "リラックスした状態"、 その催眠状態で どのようなことが体験できるのか?
ということになりますね。

この状態で
催眠を受ける側( クライアント) が、
イメージを自分の"感じられる範囲内で感じる"ことが、
簡単にいうと催眠療法だと思ってください。

もっと言い方を変えると、
 幼い頃にやったイメージ遊びや、
 夢を意識的に感じている感覚、
最初はそれくらいで考えていただいて丁度良いと思います。

そして、その催眠状態を感じるには、
  
視覚タイプ
 ・聴覚タイプ
 ・感覚タイプ

人それぞれ 大きく分けて3つの得意なタイプ に分類されます。

 【 視覚タイプ 】

催眠の感覚や
イメージを、目で見たような感覚で捉えられる方
日常の夢で例えるならば、
夢を映像的に見るというようなもの。

 【 聴覚タイプ 】

催眠の感覚や
イメージを、耳で聞いているような感覚で捉えられる方
日常の夢で例えるならば、夢の中で実際に会話や誰かに話しかけられた
ような夢や、爆発音・・・などなど、音が聞こえているというようなもの。

 【 感覚タイプ 】

催眠の感覚や
イメージを、肌で感じているような感覚で捉えられる方
日常の夢で例えるならば、階段を下りる夢を見てカクッっとなる時や、
空を飛んだような夢を見ているとき、フワッとした感じがしたなどなど・・・、
体で夢を感じられているというようなもの。

 以上の3つのタイプのうちで、
自分に合った感覚で感じて行きます。


通常、イメージをするというと、 "目で
見る" という視覚的な感じ
強く思われることでしょうが、

例えば、聴覚的な感覚が強い方が、視覚的にイメージを感じようとすると、
当然 "見えない"ばかりか、
意識的に見ようとして"見えない"というストレスで、
焦りを感じてしまい
催眠から解けてしまったり
本来の自分が持っている
聴覚的な感覚さえも感じられることが出来なくなります。


希望を胸に秘め、せっかく高い費用と、時間を使ってセッションに望んだのに、
全く効果が現れないし、
何も感じない・・・・

終わった後は、
自分が催眠に入れなかったのか? 術師が下手だったのか?
催眠は存在しないのか? 騙されたのか? ボッたくられたのか?と、
これでは納得が行きませんよね。

 酷い人では、自分の
間違った感じ方が理解できず、療法士に不満を抱き、
また
他の療法士をまるでハシゴ酒でもするかのように探し、
訪ね、そして不運にも、
本当に騙しのようなセラピストや、
セクハラ紛いのセラピスト、
カルト教団関係などにも行ってしまい、
思わぬ被害を受けてしまったという
相談をいくつも受けています。


何でもそうですが、
物事には必ず順序というものがあります。
最初は、焦らず
あくまでも
 "その時その場で、自分の感じられる範囲内で感じる"
これに尽きるのです。



 次のページへ>意識について

 
前のページへ>催眠療法


全日催眠療法協会

全日催眠療法協会 ヒプノセラピー(インナーチャイルド・ハイヤーセルフ・前世療法・退行催眠・サブパーソナリティー)


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO